ブログ

素材不明シルバー色の指輪の修理

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-26-0-07-56

こんにちは。

ジュエリーKINPOH – (有)金峯です。

 

今回の修理アイテムは、指輪。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-26-0-06-15
ご覧のとおり、腕がポッキリ・・・となっちゃってます。

 

折れた部分の断面を見る限り、どうも普段扱う貴金属ではなさそうでした。

見た目はシルバー。でも、普通のシルバーとは何か違う・・・。

ニッケルシルバー?いやいや・・・何か違う”匂い”がするんです。

「匂い」というのは、職人の勘といいますか。

 

通常は、加工前に素材を確認します。その上で、修理等お預かりをするのですが・・・

結局、今回の品は素材は不明でした。

素材が不明な場合は、修理加工をした時にどうなるか予測がつかなかったり、どのような加工をする必要があるのかも判断をつけられないため、

大事な品物を、直すどころか逆に壊してしまう結果になることもあり、かなりのハイリスクとなるので通常であれば修理をお断りさせていただく品です。

 

 

 

でも、今回はお客様のご希望もあり、イチかバチか修理を試みてみることになりました。

もちろん、リスクなどは事前にたっぷりと説明させていただき、ご理解をいただいた上での修理です。

 

 

折れた箇所は、溶接修理をします。

通常は、ガスバーナーや酸素バーナーで溶接をするのですが、素材が不明なので不用意に熱を加えるのは危険です。

そこで、登場するのがアーク溶接機。↓

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-11-22-20-20
 

 

部分的にのみ精密溶接する機械で、ごくごく限られた箇所にだけ熱を加えて溶接を行います。

 

 

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-26-0-07-56
 

 

なんとか無事に腕は繋がりました。

ただ、このリングはフリーサイズ仕様の指輪なので、指輪の内径が変化することで

溶接個所に力が加わり、また折れてしまうことも懸念されたので、もう1か所溶接することにしました。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-26-0-07-30
 

 

デザインパーツ部分の内側部分を溶接固定。

 

 

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-26-0-07-17
 

 

こちらも無事に溶接終了!

 

 

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-26-0-07-01
 

 

 

 

後は、溶接部分を研磨して仕上げていきます。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-26-0-06-46
 

溶接部分は、腕の表面部分のみの溶接で芯まで溶接されてはいない状態なので、完璧な仕上がりとはいえませんが、

今回のように、深追いをし過ぎない方が良い場合もあります。

つなぎ目は分かり難くなりました。

 

お客様の、

「使えるようになれば良い」

 

というご希望には、しっかりと添えたと思います。

 

 

素材不明な修理って、リスクが高いのでお断りさせていただく事が多いのですが、

今回のようにうまくいくこともありますので、同じような状態のジュエリーやアクセサリーをお持ちのあなた。

諦めないで、気軽に1度ご相談ください。

 

 

最後までご覧下さりありがとうございますm(_ _)m

↓応援クリックよろしくお願いします↓
にほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへにほんブログ村



ewt

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る