ブログ

チタン素材ペアリングへの刻印加工

こんにちは。

ジュエリーKINPOH – (有)金峯です。

■レーザー刻印とケガキ彫刻の違い

今回の加工のご依頼は、他店でお求めになられたチタンのペアリングへの文字入れ加工。




そもそもチタンとは・・・。

金、銀、プラチナとは違い「貴金属」ではないのですが、貴金属並の耐食性があるとされる金属です。

「強い(硬い)」「軽い」「錆びない」がチタンの三大特徴といわれています。


航空機やロケットに使われたり、医療用の素材として用いられることもあります。



そんな特性を持つ素材のリングなので、刻印入れも「レーザー刻印」
「ケガキ彫刻」かのいずれかの方法での加工となります。


レーザーとけがきの違いは
レーザーは熱で焼いて跡をつけますが、ケガキは刃先で引っかいて
跡をつける方法です。


今回は、ケガキ彫刻での文字入れ加工を行います。



■ケガキ彫刻

先の尖った部分はダイアモンド。

このダイヤチップで引っかいて、金属に跡をつけます。



専用の彫刻機械にダイヤチップツールをセットをして、刻印をします。

刻印内容は、


日付とそれぞれのお名前。

指輪の内側へ入れます。



今回、使用したフォントはCenturyという、ごく一般的なフォントを
アウトライン彫刻で文字の輪郭のみを卦がいて彫っています。

*お名前の一部はモザイク処理しています。悪しからず・・・。

ケガキは引っ掻いて跡をつけるので、しっかりと刻印することが可能です。



チタンへの刻印、お店によっては断られることもあるようです・・・。


素材の特性が故、対応できる機械や工具などを持っていないと
加工が出来ないためと思われます。




そんな当店でも、残念ながら刻印以外の加工は出来ません。

チタンやタングステン、ステンレスなどの金属は刻印加工は可能ですが、
サイズ直しや傷取りなどの加工は対応が出来ません。


そのため、実は刻印加工も一発勝負、、、(汗)

機械彫刻なので、万が一の失敗リスクも無いわけではないので、
その点については予めご理解の上、ご検討いただいております。

悪しからず、ご了承ください・・・。^^;



しかし、刻印加工は可能ですので、

「刻印入れたいな~」
「他店で対応してもらえなかった」

などのチタン、タングステン、ステンレス素材、
もちろん貴金属も含めて、各種素材への刻印対応しておりますので、
お気軽にご相談ください。

 

 

最後までご覧下さりありがとうございますm(_ _)m

 

ewt

KINPOH OFFICIAL WEB SITE>>http://kinpoh.com

  

 

↓応援クリックよろしくお願いします↓
にほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ
にほんブログ村


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

ページ上部へ戻る