ブログ

シルバーリングの新品仕上げ加工

こんにちは。

ジュエリーKINPOH – (有)金峯です。

 

■セルフメンテナンスで失敗したら?

シルバージュエリーは、(使っていても使っていなくても )茶色~黒く変色してきますよね?

そんな時、あなたはどうしますか?

 

そのままあきらめて放置する?

ショップや専門店に持ち込む?

自分でクリーニングしてみる?

 

専門の加工職人さんがいるお店へ持ち込んでクリーニングしてもらうのがベストかと思いますが、

自分でできるメンテナンスもあります。

 

 

 

・市販の磨き用のクロス(布)で磨く

・市販のクリーニング液を使う

 

 

セルフメンテナンスは、上記の2つの方法のいずれかになるかと思います。

 

部分的に磨く場合や、燻し加工をしている場合にはクロスを使った方が良いです。

チェーンなど、布では細部が磨けないような場合には液状のタイプを使う方が良いと思います。

ただし、布タイプは擦り過ぎに要注意なのと、液状のクリーニング剤を使う場合は、使用方法や時間、アイテムの状態など注意が必要。

 

いぶし加工、、、デザイン的に黒く部分的に陰影がついたアイテムをクリーニング液に浸すと、下画像のようになります。

 



 

クリーニング液は、シルバーの変色を一気に除去するので、わざと変色させている燻し加工まで除去されてしまうんです。

*クリーニング液でも除去しきれない燻し加工や、汚れ、変色具合もあります。

 

 



 

バラの花びらや棘の周囲など入り組んだ部分は、いぶし加工がされていたと思われますが綺麗になくなっています。

 



 

こうなってしまった場合、再度研磨・再度いぶし加工をする必要があります。

 

 

■再研磨と再いぶし加工で元通りに

 



 

まず、小傷などをとるため地金ならし。

深い傷や大きな傷、デザインに影響が出るような傷は消しきれない場合がありますが、小傷程度であれば傷は消すことができます。

 



 

次に、研磨をして艶出しを行います。

 

 

 

 

小傷がついて、くすんだ状態だったのが・・・

 



 

小傷は消えて、艶が出た状態に。

 



 

磨き終えたら、最後にいぶし加工をして終了。

 







 

 

 

 

修理前はこの状態だったのが・・・



 

 

修理後は、こうなりました!



 

もし、自分でメンテナンスしようとして「黒かった部分が白くなってしまった~」となっても焦らずに、まずは専門店へご相談ください^^

大丈夫です。元の状態に戻りますからご安心ください。

 

 



 

シルバージュエリー以外でも、ゴールド、プラチナジュエリーに関するご相談ございましたら、お気軽にお問合せください^^

 

 

最後までご覧下さりありがとうございますm(_ _)m

 

ewt

KINPOH OFFICIAL WEB SITE>>http://kinpoh.com

  

 

↓応援クリックよろしくお願いします↓
にほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ
にほんブログ村



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る