ブログ

シルバーリングの石リカットカスタマイズ

こんにちは。

ジュエリーKINPOH – (有)金峯です。

 

長年、加工屋をやっていますと色々なタイプの加工の依頼やご相談をいただきます。

今回は、石のリカット&石留加工の実例をご紹介させていただきます。

 

 

こちら、お持込のリングです。

 



 

 

 

リングの枠はシルバー製。

石は、ホワイトターコイス。

 



 

 

「覆輪(ふくりん)留め」という、石の周りをぐるっと取り囲むように地金で抑えてる留め方で留まっています。

石をリカットするためには石を枠から外さないといけませんが、覆輪留めの場合、爪留めのタイプと違って非常に難しいんです。

枠をそのまま使わない場合には、石枠部分を切って広げて石を取り出すのですが・・・

今回は、そのまま再度留め直す必要があるので、また留めれるように外さないといけないからです。

 



 

覆輪留めの枠から石を外す時、抑え込んでいる部分(石の外周部分にかかっている地金)が波うったようになってしまい、

綺麗に留め直しが出来ない可能性があります。

 

が、それでも出来るだけ綺麗に留め直しが出来るように、慎重に外します。

そして、石はリカット加工へ・・・。

 

 

 

 

 

リカットする石は、こちらの石↓。

 



 

 

アベンチュリンクォーツです。

リカット自体は、専門の石の加工屋さんで行いますが、この石、カット研磨していくと、欠けや傷などが表面化する可能性があるタイプの石なんですが、

今回は、ほぼ綺麗にリカットできています。

 

 



 

 

 

大体のサイズまでは石屋さんでリカット・研磨してもらい、

枠へ石を合わすためのすり合わせ研磨は、当店で行いました。

 

微調整程度の研磨は当店でも可能ですが、大幅な研磨やカットになるとやはり専門の職人さんに任せた方が早くて綺麗!

長いあいだ加工屋をやってきて作り上げたパイプ=”横の繫がり”も必要な場合には使わせていただきます^^

 

 

 



 

 

石を留め直し、加工終了です。

 

 

「指輪やネックレスなどに石を入れたい」というカスタマイズ加工も可能ですので、お気軽にご相談ください^^

 

 

 

最後までご覧下さりありがとうございますm(_ _)m

 

ewt

KINPOH OFFICIAL WEB SITE>>http://kinpoh.com

  

 

↓応援クリックよろしくお願いします↓
にほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ
にほんブログ村



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る