ブログ

カルティエのバックル|ロジウムメッキ加工

こんにちは。

ジュエリーKINPOH – (有)金峯です。

 

今回の加工実例は、カルティエのバックルのメッキ加工です。

次の画像は、お客さま撮影の画像です。



 

こちらのバックルをメッキ加工し直したいというのがご希望でした。

ベルトの場合、バックル部分をご自身で取り外していただき、バックル部分のみをお預かりするというのが当店での”お預かりの条件”となります。

 



 

 

 

バックルのみお預かり出来ましたので、メッキ加工をして綺麗な状態にします。

ただ、このままの状態へメッキ加工しても綺麗にはなりません。

 

まず、元のメッキを全て剥いで研磨し直します。

この時、小傷などは除去できますが大きな傷や腐食などがある場合は綺麗にはなりきらない場合もあります。

また、元の地金の種類や性質によっても元通りは出来ない場合もありますので、注意が必要です。

 

 



 

再度のメッキ加工を行った後に、見た目に「変化」が起こる場合もあります。

メッキは、地金の表面へ別の金属膜を電着されるため、何らかの理由により電気の流れが均一に流れない場合など、

メッキがのりにくい部分があったりするとムラが生じたりします。

これは、メッキ加工を行ってみて初めて現れる現象(変化)だったりもするので、加工前にはみられなかった状態になる”可能性”もあるということは、事前に理解いただくよう考えられるリスクの説明をさせていただくことがあります。

 



 

バックルは、下地のメッキをかけた上でロジウムメッキをかけています。

銀色なので、時折・・・

「銀メッキ」をかけてほしい

というご希望をいただくことがありますが、「銀メッキ」加工は当店では行っておりません。悪しからず・・・。

 

 

銀色のメッキは、ジュエリーにおいては「ロジウム」という金属のメッキが一般的です。

ホワイトゴールド製品やシルバー製品にも多く使用されるメッキ。

今回のバックルにも、そのロジウムメッキをかけています。

 



 

ロジウムメッキ前に、元のメッキを剥がすため研磨を行います。

研磨だから、当然削ることになるため物理的に厚みは0.数ミリでも薄くなることもあります。

刻印が入っている場合など研磨により薄くなることはありますが、メッキ自体で刻印が消えたり、傷が消えたりすることはありません。

 

 



 

メッキは、アイテムの種類や状態、大きさ、面積によっても難易度が違います。

ご相談いただく際には、アイテムの状態(が分かる画像)や、素材、大きさなども合わせてお問い合わせください。

事前のお見積もり(無料)も行っておりますので、お気軽にご相談ください^^

 

 

最後までご覧下さりありがとうございますm(_ _)m

 

ewt

KINPOH OFFICIAL WEB SITE>>http://kinpoh.com

  

 

↓応援クリックよろしくお願いします↓
にほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ
にほんブログ村



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る