ブログ

メッシュ状リング修理ー精密溶接(アーク溶接)

こんにちは。

ジュエリーKINPOH – (有)金峯です。

 

 

今回の修理アイテムは、メッシュ状になったデザインのリング。

 



 

 

リング下部が、パックリと…^^;

 

これは直すのも一苦労な予感です。

 

 



 

 

しかも、素材はシルバーという溶接に難儀する素材です。

 

その上、石付きデザイン。

 

 



 

 

 

シルバーは熱伝導率が高い素材なので、溶接時の熱が宝石に伝わりやすいため非常にリスクも高く、

神経を使う修理になることが多いんです。

 



 

 

そこで、今回は通常の溶接ではなく「精密溶接」での修理を行うことに。

 

一部分のみ瞬間的に加熱して地金同士を溶接するので、石への負担も少なくリング自体への熱伝導も最小限ですみます。

局所麻酔みたいなものでしょうか!?

 

 

 

表側からは出来るだけ目立たないように

 



 

 

内側からのみ溶接します。

 

 



 

 

 

 

 

お客さまには、お預かりの前に十分にリスクについても説明し、ご理解いただきます。

 

お客さまは、とにかく「くっつけば良い」ということでしたので、切れたりしないようにしっかりくっつけることを第1に、

それでも見た目の大事なジュエリーですから出来るだけ外観に影響がないように溶接。

 

 



 

 

アーク溶接での精密溶接は、電気とガスの力で瞬間的にスパークさせるため、

今回のメッシュのように周りに空間がある状態でスパークさせるとガスが余分な空間に入り込んで、

余分な箇所が溶けたりなんていうこともあるので、スパークさせるパワーなどの調整も非常に重要になります。

 

 



 

 

なんとか、大きな影響なく溶接ができました!

 

パッと見では、わかり難いですよね?溶接個所がどこか^^;

 

 

 



 

 

 

 

修理のお問い合わせをいただく時、

例えば…

「指輪の修理をお願いしたいですけど、いくらくらいかかりますか?」

という、漠然とした問い合わせを頂くことが多いんです。

 

「大まかでいいから、とりあえず金額を知りたい」や「何を伝えていいかわからない」という事もあるかと思います。

 

 

いずれにしても、今回のように どのような素材・デザインで、どのような修理が必要か、どのような方法で修理が可能かなどを事前に検討して、加工方法を絞り、その上でお見積もりをしますので、お問い合わせの際には、(お分かりになる範囲で構いませんので)出来るだけ情報をいただけると助かります^^

 

 

さて、話を戻しまして~

精密溶接での修理も無事に完了!

 



 

また、お使いいただけるようになりました♪

 

 

お客さまの喜ぶお顔や、お声をきけることが何よりも職人の励みになります。

これからも、お客様に喜んでいただけるよう日々日々精進してまいります!

 

 

指輪のサイズが合わない~

指輪の石が外れた~無くなった~

指輪がくすんできたからピカピカにしたい~

など、

指輪に関することならどんな小さなことでも構いませんので、まずはご相談ください。

 

 

 

最後までご覧下さりありがとうございますm(_ _)m

 

ewt

↓応援クリックよろしくお願いします↓
にほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへにほんブログ村



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る